弁護士はどう闇金に対処するのか?

 

弁護士はどう闇金に対処するのか?

 

闇金に追い込まれて弁護士さんに相談する人は後をたちません。消費者金融に借入が多すぎて、新規借り入れができなくなった。もしくは、法的債務整理を実施して、借入ができなくなっている等の理由で、闇金に手を出す人は増えています。

 

闇金は、消費者金融とは違います。法定利息を無視した高金利で貸付を行います。そして、なによりも恐ろしいのは届出をしていないということです。届出をしていないということは、相対取引だということです。つまり、個人間の金の貸し借りと同じだと言うことです。これが、警察が介入できない理由です。

 

個人間の金銭トラブルには警察は介入ができません。闇金の被害にあい、毎日のように督促の電話や、会社への訪問しての取り立て、親戚の取り立ての被害にあい、警察に行きますが、なにも取り合ってはくれません。これが、会社でしたら、警察は動くことが可能ですが、個人間の金銭の貸し借りには警察は無力なのです。

 

闇金の被害にあった人の多くは、警察にいけばなんとかなるだろうと、警察に相談しにいきますが、泣き寝いりする方が多いでです。そんな場合は、迷わず弁護士さんに相談をしましょう。弁護士さんに相談すれば、いろいろな手段を講じてくれます。闇金の場合には、実は貸付や返済のために他人名義の口座を利用しています。これは、足がつかないようにするためです。

 

リストラされた人等から、銀行口座と携帯電話を高値で買い取って商売するのです。つまり、なりすましです。ですので、闇金に対抗するためには、不正に利用している口座だという証拠を掴み、弁護士さんが返済に使う口座を凍結させるように金融機関に申請を行います。

 

それでも、だめな場合には弁護士さんが直接闇金業者に交渉にいきます。ヤミ金との戦いは弁護士さんでも危険を伴います。弁護士さんにお願いするときは、その辺を理解して相談するようにしましょう。ただ、一つ言えることは、弁護士さんに依頼すれば、違法な督促から逃れることは可能です。