ヤミ金から借金する前に考えたいこと

人には知られたくない理由などで借金をしてしまった人には相談できる相手がいない場合がほとんどです。相談すれば当然借金の理由や金額など聞かれたくないことまで聞かれることになります。誰にも相談しなくてもその借金が滞りなく返済できていればまだいいですが、返済するあてがなくなったとき相談相手がいないがためにやむを得ず闇金から「借金を返すための借金」をしてしまう人もいるでしょう。しかし、安易に闇金からお金を借りれば借金が減って楽になるどころか不当に高い利子にますます悩み苦しむことになりかねません。

 

さらに闇金への返済が滞ってしまったとき最悪な状況として、家族や職場などに取り立てが来ることも考えられ、闇金から借金してしまったことがばれ、社会的信用を失うといった大きなリスクもあります。返済するあてのない借金をしないのはもちろん大前提ですが、事情があって家族や知人に相談できず借金問題を抱えている人、またはこれから借金をしなければならない状況に陥っている人は安易に闇金に手を出そうとするのではなく、まずは弁護士や専門家、または国民生活センターなど専門機関に相談するのがいいでしょう。こういったところは相談者の個人情報をたとえ家族であっても本人の承諾がなければ漏らすことは決してありませんので安心です。

 

相談にかかる弁護士費用も柔軟に対応してもらえたり、また最近では無料で相談に応じてくれる法律事務所もでてきております。国民生活センターならぱ当然無料で相談ができます。このような専門機関などに相談することによって今まで一人で抱え込んでいた苦しみが多少なりとも和らぎ、冷静になってこれからのことを考える余裕もおそらく生まれてくることでしょう。闇金から借金する前に家族や知人に打ち明けて相談できればそれに越したことはないですが、それができないならばこのような専門機関にまず相談しプロの目からのアドバイスを受けることはとても大切です。