闇金と消費者金融の違いを解説

消費者金融とは、正規の貸金業者のことです。その会社は、管轄の財務局長や都道府県知事から正式に貸金業登録番号をもらって仕事をしています。ですから消費者金融であるからには貸金業法を遵守しているので、借り入れについて定められている同法を守っている健全な会社であることは間違いありません。

 

しかし、それに対して闇金とは、正規の貸金業者ではありません。いわゆるモグリなのです。ですから当然、貸金業法もその他の法律も守りません。違法な金貸しをモグリで行っているので、利息制限法を無視した高金利でお金を貸して暴利を貪っています。するとお金を借りた人は、必然的に、とんでもない借金地獄に落ちてしまうことになります。

 

また、消費者金融は、お金に困っている人の強い味方であると言えます。何しろ所定の申し込み手続きをして審査に通りさえすれば、手軽にお金を借りることができるのです。それゆえ、全国で大勢の人たちが借り入れすることができて助かっています。

 

しかし闇金は、お金に困っている人を食い物にする悪魔のような犯罪集団です。実際、闇金の被害者は毎年、全国各地に沢山います。それについては警察も金融庁も役所なども、そうした犯罪撲滅のために頑張ってくれています。しかし、それでも闇金犯罪は消えないのが現実です。悪賢い犯罪者どもは、あの手この手で警察の目を欺き、手を変え品を変えて今も獲物を狙っているのです。

 

そんな闇金に対しては、絶対に手を出さないのが一番です。たとえば「誰でも無審査で今すぐ現金手渡し」などという常軌を逸した甘い誘い文句の広告を見かけても、決して鵜呑みにしてはいけません。それは犯罪者が仕掛けた罠と考えて、メールや電話連絡さえしてはいけません。

 

また、たとえ正規の消費者金融のように見えても、無名の小さな会社を利用する場合は、念のため貸金業登録番号をチェックするなどの確認も大切です。少しでも怪しい業者だと感じたら、利用しないのが賢明と言えます。