闇金融の様々な手口について調査

 

闇金融の様々な手口について調査

 

闇金は非常に高い利息を違法な取立てで請求をします。1週間程度で倍近くの金額を払わなければいけないのは普通ではありません。もちろん、取り立ての手口も普通ではありません。本人の携帯電話にしつように連絡が入り、電話にでなければ、すぐに自宅や会社、親兄弟に連絡が入ります。着信拒否にしても、複数の回線を持っていますので、嫌がらせのように回線をパンクさせようとします。

 

ひたすら電話を鳴らして、携帯を使えないようにします。そのうち、自宅あてに頼んでいない出前が送られてきたりもします。執拗な精神的ないやがらせに屈服して、利息だけでも払うようになるのが普通です。闇金はこのようにして、貸した人を生かさず殺さずに飼い殺しにしていくのです。逃げたりすると迷惑料や延滞金で元本が増えていたりもします。まさに、蟻地獄です。

 

闇金から逃れるためには警察ではだめです。個人間の問題ですので、警察には介入はできません。闇金から逃れるためには弁護士事務所に依頼するしかありません。信頼できる弁護士さんでしたら、返済に使っている銀行口座の凍結を銀行側に申請してくれたりします。闇金は、足がつかないように、リストラされた人とかから、銀行口座と携帯、場合によっては身分証を高値で買い取っていたりします。

 

取引用の口座が不正だと銀行側に申請すれば、闇金は引き下がります。その後は、弁護士さんが直接、闇金の事務所に乗り込み、法的な相談を闇金業者と行います。このようにヤミ金との戦いは弁護士さんにとっても非常に危険です。信頼できる弁護士さんに依頼した場合には、全面的に弁護士さんに協力するようにしましょう。毎日、一人でヤミ金と戦ってはいずに、弁護士さんに依頼して、元の明るい暮らしを取り戻しましょう。

 

毎日、執拗な取り立てを受けていては、そのうち身も心もボロボロになります。ギリギリの生活を続けていれば尚更です。早く信頼できる弁護士さんを探して楽になりましょう。